銀屋町鯱太鼓TOP想い出の目次/練習日記3 → 日記1日記2日記4日記5日記6日記7

鯱太鼓・練習日記(5/1〜5/31)
5月31日(木):小屋入り準備
事務所の設営他、小屋入りと打込みの準備を采・棒先で行いました。いよいよ明日から今年のくんちが始まりますので、みんなワクワクしているのが手に取るように判ります。心配なのは天気くらいでしょう。
5月29日(火):練習山車
打込み前の最後の合同練習を行いました。前回の反省も踏まえ、本番と思ってやれとの指示も出たようで、みんなに元気が出ていました。
その後、通常の練習に移りました。だいぶ慣れたみたいですが、小屋入り後はちゃんと声を出せるようになるので戸惑うでしょうね。その後櫓が載り、その後に鯱が載ります。どういう事かというと重心が徐々に高くなるんです。それに鯱の鰭が曲者です。それらに慣れるには、やはり練習しかありませんね。頑張りましょう。
5月25日(金):練習山車
通常の練習となりました。ランニングの後いつものように運動場を何度も回ります。だいぶ慣れてきたと見え、肩替えでも沈まなくなったみたいです。これに気を良くしたかどうかは判りませんが、最後に入りの歩き(斜行)の練習が入りました。初めての人には若干の戸惑いを感じましたが、繰り返すにつれて良くなっていきました。でも、下を向くと山車が下がりますからね。目線に注意して下さい。
5月24日(木):合同練習+太鼓
打込みの合同練習を行いました。今回は町幹部の指示により経験者だけで打込みに回ることになった為、新人さん達はお休みしても良かったのかもしれませんがみんな真面目に出席しています。確かにどんなものか気になる気持ちも判りますから。隊列の作り方、太鼓のセットと撤去など考えながら行った為、良い練習になったと思います。
その後場所を移して太鼓の練習です。合同練習の時の音が、張り替えた皮が十分に馴染んでいないことや道路の若干の傾斜を割引いてもやや物足りなく感じていました。練習の延長の気持ちで叩いていて、リハーサルという意識が低く一生懸命さに欠けていたように感じています。若さをぶつけるより、無難に(間違わずに)叩く方に意識がいったのでしょう。今日は個別指導も厳しいように感じました。
それから私も練習不足のツケを感じています。たぶん今は一曲足が持ちません。何とかしたいと思っています。
5月22日(火):練習山車
久しぶりに走りました。体調が良かったので密かに狙っていたのですが、指導者の誰かが声出しが大事と気づいたのでしょう。みんなで一緒に走りました。
とりあえず小屋入りが目標です。担ぐより声を主体の練習に切り替えたみたいですね。声を出すには「口を大きく開けて、下を見ないで少し上を向いて腹から出す。」前回何度声を潰したか忘れましたが、これも意識と練習しかないんですよ。
5月18日(金):練習山車
仕事で遅くなり8時30分に駆けつけました。てっきり体育館で練習中と思っていたら見当たりません。雨の心配もあって町内を行き来しているらしいのですが、ちょっと飽きたらしく隣町まで遠征していたみたいです。運動場と違って、公道では道の真ん中が高い(雨を道端の溝に流す為)ので内棒の負担が増します。当日の移動では当然そうなるので、これも良い経験として下さい。
5月17日(木):太鼓
今日はみんな気合が入っています。というのも打ち込みのポジションを今日決めるからです。改めて一人一人の演奏を聞いて叩き方などを見ると、色々と見えてくるものがあります。
その辺は小屋入り後に考えるとして、小屋入りを無事勤めることが出来るよう当日まで一生懸命頑張って欲しいものです。
5月15日(火):練習山車
今日は走ろうと思っていましたが、直前で裏方仕事が入りました。ちょっと残念です。練習の方も10分程度見たくらいでしょうか。采振りさん達は相変わらず山車の高さが気になるみたいです。肩の高さで順番を揃えても、思うようにいかないのを訝しく思っているようです。担ぎ方、腰の入れ方、肩の上げ方などで高さが微妙に違いますからねぇ。
久しぶりに太鼓の練習をじっくりと見ました。それぞれレベルアップを認めますが、問題点の克服に関しては個人差があります。技術の習得は基礎があって始めて確固たる物になります。基礎がまだまだ出来ていない人は、基礎トレーニングに励んだ方が良いのではとも思います。
5月11日(金):練習山車
体調が芳しくなくランニングも休もうかと思っていましたが、やっぱり走っていました。まぁ今日は無理しないようにしました。練習の方は歩く方はだいぶ慣れたみたいです。でも肩替えでは山車が下がるみたいです。たぶん下を向いてるからでしょう。
久しぶりにタイヤを叩いたらきついきつい。明らかに練習不足です。
5月10日(木):太鼓
県外出張のため参加していません。普通どおりの練習だったと息子から聞きました。
5月8日(火):練習山車
GWの山歩きで雨にうたれ風邪をこじらせましたが、どうやら回復してきたみたいです。ランニングに参加してみましたが、TOP集団からは中島川に戻ったところでいっきに離されました。今の状態ではこんなもんでしょう。みんな登りでは自重しているみたいですね。良いことです。ランニングが目的ではありませんので、くれぐれも無理はしないで下さい。
裏方の打ち合わせに呼ばれ、練習をほとんど見ていません。どうだったんでしょうか。
5月1日(火):練習山車
GW中で参加者がやや少ないみたいです。今日から練習の目的が変わったようで、ランニングが途中からフリーになったそうです。私はちょっと風邪気味だったので参加せず様子が判りませんが、早く走ろうとするあまり注意力が散漫にならないように。そしてくれぐれも交通事故には気をつけて下さい。以外に危険な交差点は多いものです。
担ぐ方はだいぶ慣れたみたいですね、新人さん達も顔の方向や腕の振りなど揃ってきました。采や棒先からもほめ言葉や山車のコントロールのアドバイスが出だすくらいに上手くなってきたと、私も思います。
でも、肩替えはまだまだです。肩が外れています。同様に交代の時も位置取りがスムーズではありません。まぁ、練習しかありませんので、出来るだけ参加して下さい。