銀屋町鯱太鼓TOP想い出の目次/練習日記2 → 日記1日記3日記4日記5日記6日記7

鯱太鼓・練習日記(3/1〜4/30)
4月27日(金):RUN+α
練習山車を使って歩く練習をしました。今回は櫓太鼓の子供たちも乗せてみましたが、怖がる様子もなく一安心というところでしょうか。最後に体育館で、会長からくんちの話をお聞きしました。また、5月の練習予定も発表されました。
4月26日(木):太鼓
小屋入りに向けての練習が続いています。それぞれに応じて当面の目標が与えられており、みんな真剣に取り組んでいます。それでも基礎が大事。最終目標は10月の本番です。しっかりした下半身を作る努力を怠らないよう努めて下さい。
4月24日(火):エアロビクス(+太鼓)
エアロビクスの最終日。インストラクターの先生もとっておきのハードなメニューを準備していたみたいですが、銀屋町の面々も趣向(?)を凝らして待ち構えていました。お笑いの分だけ動きも楽だったかもしれません。最後の一言「リズム感はイマイチ。動きはまぁまぁ。体力向上はバッチリでしょう。」に不安を覚えたのは私だけでしょうか?声を合わせる為にはリズム感は大事なんですけどねぇ。
4月20日(金):RUN+α
今日も山車を使った歩きの練習でした。グラウンドを右に左に縦横無尽に歩いたでしょう。なかなか立派でした。また最後には子供を含め8人が山車に乗ったので600kg程度の重さになった筈です。これが担げたので一安心できそうなもんですが、そう甘くはありませんよ。山車に櫓が座って、更に鯱が乗ると重心が高くなります。そして鯱の鰭が曲者ですから...
4月19日(木):太鼓
今日は基礎中心の練習でした。少しずつですが個人個人のテーマを与え、僅かでも理想に近づけるような指導も始まりました。
4月17日(火):RUN+α
練習用の山車を使った2回目の練習でした。今日は声に合わせて歩く練習をしていたところ、思いもかけない事件発生の為に途中で打ちきりとなりました。
4月13日(金):RUN+α
佐世保の方で銀屋町から依頼の太鼓の出演があったので、今日何を練習したのかが判りませんが小屋入りに向けての練習だったのでしょう。声と歩行訓練が主だと思います。太鼓も同じですが、頭で考えなくても自然に体が反応する。それが出来るまで練習するのが銀屋町の練習だと私は感じています。声と歩行訓練は、その第一歩。基礎の基礎ですから、ウンザリするくらいやらされると思いますが、耐えて頑張って下さい。
4月12日(木):太鼓
個人差はありますが小屋入り用のバージョンにもだいぶ馴れたみたいですからココからが個人個人の頑張りどころです。叩ければ良いといううのは最低限のノルマです。叩けるようになって始めて「格好良く」とか「きれの良い音」とかプラスαの要求がで出て来ますから。常に高い目標を持って、目の前の課題に取組んで下さいね。
4月10日(火):RUN+エアロビクス
公民館の留守番がいなくて来るまで待った為ランニングに出遅れました。最近はゆっくり走る亀さんペースに馴れきってしまっていて、スピードアップがままならないのが何となく悲しい...偶には自分の体に「喝」を叩きこまねば。
エアロビクスにはどうやらついていっているという感じです。前回のように楽しめていないのはやっぱり体力ダウンだからでしょうか。ところで、長期出張から一人の担ぎ手(経験者)が帰って来ました。出張中もこの日記を読んでいたそうで、練習に遅れる焦りもちょっとだけあったとか。でもまだまだ大丈夫ですよ。今は体力アップのトレーニングです。小屋入りまでにきっちり体を作る。(地獄?の)特訓はそこからですから。
4月9日(月):太鼓(特別練習)
13日に出演が決まり久しぶりの曲もあるので出演メンバーのみ練習日となりました。私も最近あまり叩いていないので下半身に不安があります。太鼓の方も叩きこみがまだまだで音が高く、しばらくは気になるでしょうね。
4月6日(金):RUN+α
担ぎ手の肩の高さを見る為練習用の山車が準備されていました。と言っても前回使った棒の上に板が載せてあるだけです。重さを聞かれたんですが150kgぐらいだと思います。もっとも私他3人が重りで載ったのでそれなりの重さにはなったでしょう。小屋入りに向けて声の練習も兼ねているので、あまり気負わないようにしましょうね。
4月5日(木):太鼓
夜の寒さはまだ続いています。前回から打ち込みを意識した練習を取り入れたそうです。若人を一人前に育てないといけないので、私も叩くより指導の時間が増えています。ところで久しぶりに昇龍のソロを叩いてみたら最後あたりが怪しくなっていました。暖かくなったらもうちょっと下半身を鍛えようと思います。
4月3日(火):RUN+エアロビクス
寒さが戻りランニングもペースを落したようです。今日はかなり楽でした。安心したからというわけではないのですが、途中よそ見してこけてしまいました。肩をちょっと打ったみたいですが何ともありません。皆さんにはご心配をおかけしました。申し訳ありません。
エアロビクスも股関節あたりに違和感を感じることはあるものの、出来ないということはありません。あとは筋力が落ちていて腕立て伏せのノルマがこなせないことが残念ですが、歳ですし無理せんごとしときます。
3月30日(金):RUN+α
仕事で遅くなり私は今日もお休みしました。風邪が治り切っていない息子も休んでいたと思ったら、練習に参加したとか。その日は立山公園まで走ったそうで、上りがきつかったと言って帰ってきました。
3月29日(木):太鼓
疲れもあって風邪で体調を崩した息子共々練習を休みました。仕事が落ちつくまではきつさが続きそうです。
3月27日(火):RUN+エアロビクス
完全回復とは言えませんが、何とか練習のすべてをこなせるまでは治ってきました。きっと暖かくなったからでしょう。でも今日のRUNの早さには参りました。ついて行くのがやっとです。金曜日に走っってなかったら置いていかれたでしょう。
3月23日(金):RUN+α
昨日体が動いたので試しに走ってみました。走り始めて吃驚したのはペースが速くなっていることです。息は苦しくないのですが、久しぶりのランニングに体が反応しません。足にも変な感じがまだ残っているので置いて行かれそうなところをトコトコ走りながら、みんな強くなっているなぁと思いました。
その後は会長と約束があり、体育館には行かず資料作成の打合せを行いました。
3月22日(木):太鼓
今日の私は練習の半分くらいを打ち合わせに使ったので楽でした。それで最後に久しぶりの「ドンツク」をやってみたところ下半身がスムーズに動かせます。ちょっとだけでしたが、気持の良い汗を流せました。
3月20日(火):RUN+エアロビクス
久しぶりのエアロビクスも私の下半身には優しくないという印象です。せっかくあと一歩辺りまで治ってきているので無理はしないように心掛けていますが、思いっきり体を動かせないというのは楽しくありません。やっぱり完治するまでは止めた方が良いかも...しれんねぇ。
3月16日(金):RUN+α
走るにはまだまだ辛いものがあります。最近は「練習日記」というより「リハビリ日記」みたいで、ちょっと悲しい。遅れて諏訪神社に向いました。相変わらず厳しい練習をこなしていますね。でも馴れもみえますし、かなり強くなってるメンバーもいるようです。私も腹筋はついていけるのですが、腕立ては駄目です。長坂ダッショはまだ見学だし、スクワットも無理できないし、ちょっとストレスが溜まりそうです。
3月15日(木):太鼓
寒さが堪える上に発電機もトラブルで、モチベーションが下がります。まぁ体調もイマイチだし、本番に向けての調整というくらいの気持でいたんですが、腕が思うように動きません。何処が悪いのかなぁ?悩みは解決しません。
でも今日の腹筋太鼓はまぁまぁでした。痛めたところもだいぶ良くなったかも...
3月14日(水):太鼓
太鼓が皮の張替えから戻ってきて、18日に予定が入っているので急遽練習となりました。予想はしていましたが音が高いので変な感じです。とにかく叩き込むしかありませんねぇ。それから久しぶりの腹筋太鼓に、音を上げてしまいました。こんな筈じゃ〜と思ってみても現実です。
3月13日(火):RUN+α
今日の練習はきつかったらしいと聞いています。ランニングに続けて長坂ダッシュ10回とか、スクワット100+150回とか聞きました。練習開始から2ヶ月が経過し、だいぶ体力がついてきたことの証明でしょう。
でもこれはあくまで基礎体力作りのトレーニングであり、体力を競うのではなく体力を向上させるのが目的です。運動習慣や体力には個人差があるでしょうから、くれぐれも怪我をしないようにして下さいね。
3月9日(金):RUN+α
私事ですが、痛めたところの回復に専念する為にしばらく練習を休むことにしました。その分普段から痛みを感じない散歩やストレッチを心掛け様と思います。さて鯱太鼓の練習の方はランニングの後肩の高さを測ったそうで、外棒と内棒の人選をする為のようです。人数が多いので早めに準備をしているのでしょう。
3月8日(木):太鼓
久しぶりに全員が揃いました。基礎中心の練習ですから退屈かもしれませんが、出来はまだまだです。それぞれがテーマをもって苦手克服に頑張って下さいね。練習の目的を意識するかしないかで差が出ますから。
それにもうそろそろ笑っていられなくなる筈ですよ。仮に新しい曲をはじめるとしたらもうすぐでしょう。当然小屋入りまでに形にするでしょうから、楽しくなくても今の基礎練習で体を苛めておいて下さい。
3月6日(火):RUN+エアロビクス(+太鼓)
例年ならこれで普通なんでしょうが、2日前から10℃以上も下がり寒さに震えながら走りました。無理はしない筈でしたが、体調の回復に気の緩みがあるのかなぁ?終わってみれば腰に違和感が残っています。
ところで、今日のエアロビはしつこかった。1ヶ所にかなり負担を強いるので、セーブの加減が微妙です。本当の春が来るまで、騙し騙しやるしかありませんねぇ。
3月2日(金):RUN+α
昨日のせいとは思いたくないけど、治りつつあると思っていた故障個所の痛みが再発し、ランニングは大きく遅れてトコトコ走りました。(ちょっと屈辱...でもしょうがないかぁ)
長坂ダッシュも横目で見ながら、出来るのことはストレッチだけ。「くそぉ〜。早く治して復帰するぞ」と思う一方で、継ぎ手でもない裏方担当(50歳)のおっちゃんが何熱うなっとるやろかとも考えてしまいます。まぁ、くんちに向けて元気な方が良い筈だし、モチベーションを下げないよう心掛けましょうね。
そう言えば、自治会長も今日から体を鍛えますと仰っていました。皆さん、会長はタフだし夕方の散歩は欠かさずやっておられます。ランニングで抜かれるようなことがあれば、(お諏訪での)先発に黄色信号が点灯するかも? ですよ。真面目に頑張ろうね。
3月1日(木):太鼓
久しぶりにほとんどのメンバーが集まったようでした。今日も基礎中心の練習ですが、ぼちぼち厳しく指導をするような気配です。ところで、「昇龍」の最初の部分を桶太鼓で思うように叩けませんでした。『情けんなか』って思う一方、苦手だった所も昔は叩けてた筈。原因は肩に力が入っていることと判っているので、昔を思い出しながら練習しました。撥の握り方とか、腕(というより手首)の角度、そして撥の降り方等々。だいぶマシにはなったものの、まだ納得がいきません。しばらくはコレで遊べそうです。