銀屋町鯱太鼓TOP想い出の目次/練習日記1 → 日記2日記3日記4日記5日記6日記7

鯱太鼓・練習日記(1/4〜2/28)
2月27日(火):RUN+エアロビクス(+太鼓)
10日ぶりの練習復帰とはいえRUNではこわごわ走りました。途中から追いついて最後は気分良く走れたので満足です。エアロビクスも無理はしません。でもみんなはだいぶ動きに馴れたみたいですね。動きがスムースの見えました。練習終了後、インストラクターからストレッチのお手本を戴きました。優しくて良い先生ですよ。まぁ、(エアロビクスを)やっている最中は鬼に見えますけど...
2月23日(金):RUN+α
姉夫婦が来たので今日も練習には行きませんでした。ところでさっき聞いたのですが(練習用?の)Tシャツが配られたそうです。段々気持が上がっていきますね。私も故障個所を早く何とかして復帰したいものです。
2月22日(木):太鼓
佐賀から奥様の姉夫婦が来ると聞いていて太鼓の方はお休みを戴いていたのですが一日違っていました。でも翌日の仕事の準備で夜遅くまでパソコンと睨めっこ。12時を過ぎても問題は解決せず、練習以上に疲れました。練習は相変わらずだと思います。発電機のガス欠だけが翌日の心配事でした。どうだったかなぁ?
2月21日(水):結団式
90人が出席した結団式。気持も新たに「鯱太鼓」が出発します。アトラクションでは、『芸の無い奴は○げ!』の一言が出ていたそうですが、盛り上がっていました。采達のサプライズ企画は『断髪式』でしたね。小屋入りの時はあれ以上の短髪で来ないと近所の床屋さんに直行ですよ。
2月20日(火):RUN+エアロビクス(+太鼓)
今日は裏方の仕事と明日の準備作業があるということなので遅れていきました。丁度ランニングから帰ってくる頃で、遠くから「エンヤ」の声が聞こえてきました。でも方向が違う。実はインストラクターの応援で中央公園会場に行っていたそうです。きっと応援が喧しかったでしょうね。(えっ大人しかったって?)
作業は子供達が帰ってからになりエアロビクス参加も考えましたが、今週は休養と決めていたので子供達の様子を眺めていました。小さい子が多いのですが、今から頑張れば十分間に合うでしょう。
練習後采達が明日の企画を話し合っていました。きっとサプライズがあるでしょう。
2月16日(金):RUN+α
今日は体育館が使えないので諏訪神社でセット練習です。長坂ダッシュが前回より一回多かったらしくて、ちょっと不安になったメンバーもいましたね。小雨を気にして早めの切り上げとなり、ホッとしたでしょう。
私は体調回復の為、ゆっくりゆっくりとランニング。長坂ダッシュも止めておきました。早く復帰したいもんです。
2月15日(木):太鼓
練習場に到着した時、星空のみごとさに見とれてしまいました。冬は空が綺麗なんでしょう。普通の生活では何とも無くても足を広げると、まだ痛みを感じます。今日は横打ちは自粛して、桶太鼓や締太鼓で地打ちばかりやりました。それでもしばらくすると腕が疲れるし、肩の力も抜けないようです。まだまだ修行が足りません。
2月13日(火):RUN+エアロビクス(+太鼓)
夕方になって降りだしそうな天気ですが、やはり練習終了までは雨は降りませんでした。さて、今日は気になっていた足の調子に気遣って、思いきって休むところは休むようにしました。恐る恐るって感じですが、結構痛みを感じます。ってことは気が張っていると痛みを感じないんでしょう。体が温まれば痛みは無くなると思っていましたが、たぶん思い込みでしょう。完治するまでが理想ですが、とりあえず今週中は思いっきりレベルを下げて様子を見ようようと思います。
2月9日(金):RUN+α
練習メニューはRUN+体育館でのセットメニューでした。今回は、大声を出しながら体を動かすことを求められました。鯱太鼓の基本です。それも喉からではなく腹からの声ですよ。表現が適当でないかもしれませんが、前回は頭がブチ切れるまで大声を出そうと誓い合っていましたから...
新人さん達は『まぁ〜だきつうなるけんね。』と脅されていましたが、それは本当(の筈)です。まだ体作りの段階ですが、(可能な限り)しっかりと基礎体力を上げておいて下さい。何度も言っていますが、(練習を)やったもんが勝ちです。担ぎ手38人中で体力が上であればあるだけ、本番の時が楽なんです。ベテランのテクニックが通用するのは僅かな間だけ。結局は練習で高め自身に染み込ませた総合力が最後にものをいいます。
2月8日(木):太鼓
雷と強い雨が降る中練習場へと出発しましたが、その後は小止みとなり落ちつきました。一部の太鼓を皮の張替えに出しているので、タイヤも持参しました。今日も相変わらず基礎中心の練習です。でも、今日からは苦手克服の課題も与えられました。
ちょっと弄っただけでも、とたんに叩けなくなります。でもこうやって少しでも理想に近づけていきますよ。目標は高い所においてあります。
2月6日(火):RUN+エアロビクス(+太鼓)
いつになく暖かいので体は動く筈なんですが、どうも痛めた所を悪くしたかもしれません。RUNでも気になりっぱなしだし、エアロビクスでも何かおかしい感じでした。
ところで、今日からエアロビクスの動きが変わりました。せっかく覚えたのに一からやりなおしの上に思うように動けずストレスが溜まりっぱなしのメンバーもいたようです。まぁじきに馴れるでしょう。リラックスとスムーズな動きを心掛けましょう。太鼓の方は暖かいと体が動くみたいです。今日は一般と中学生達が頑張っていました。お喋りに夢中になっている高校生諸君、もっと真面目に頑張らないと置いて行かれるバイ。
2月2日(金):RUN+α
練習メニューは、ランニング+諏訪神社でのセットメニューだったそうです。御疲れ様でした。
私は所用で翌日まで山鹿に居りました。皆さんの練習中には、八千代座で太鼓の演奏と山鹿燈篭踊を観賞し、刺激も受けてきました。
2月1日(木):太鼓
天候不順の為、公民館でのミーティングに変わりましたが、有志?はタイヤでの練習でした。もっとも有志とは云え全員ということなんですが...。2月3日の最終チェックを終え、気持ちを込めて節分の奉納太鼓を努めようと誓いました。
1月30日(火):RUN+エアロビクス(+太鼓)
練習前公民館に集合している私達を目撃した人には、私達はどう見えるのでしょうか?結構テンションも高いので、異様な集団に見えるかもしれませんね。決してご迷惑をかけるつもりは無く、真面目に練習に取組んでいるんですが...
さて久しぶりのエアロビクス。また新しい動きをするんですが、堪えますね。まぁ痛めた所を本当はかばいたいんだけど、そうもいかんようです。まぁ、駄目になったら休もうと思います。結構ダメージが残ったみたいで、その後の太鼓の練習はボロボロでした。
1月26日(金):RUN+α
今日も仕事は終わりかなと思った頃にSOSが入り御客様の元へ。簡単と聞いていた仕事は、かなり大変でした。
そんな訳で、練習に顔を出したのは終わりに近い20時40分。体も暖まってないし、ストレッチしながら見学です。
個人差はあるものの、新人さん達も雰囲気にも馴れてきたみたいですね。
1月25日(木):太鼓
今日は基礎練習が中心でした。「地打ち」と僕らが「ドンツク」と呼んでいる叩き方です。地打ちは蹲踞(そんきょ)の姿勢で叩きます。担ぎ手さん達もいずれやらされるでしょうが辛い姿勢です。「ドンツク」の方も太鼓では一番辛い叩き方でしょう。所謂腰割りで左右に移動する姿勢での叩き方になります。とは言っても、これが据太鼓の基本の動きですから出来ないではすまないのです。庭先の3日間に耐えられる下半身作りが目標ですから。
私も無理せん程度にお付合い致します。
1月22日(火):RUN+α(+太鼓)
今日は体育館が使えず屋外での練習です。寒いので途中途中で何度もストレッチが入りました。蛍茶屋経由で諏訪神社までランニングの後、諏訪神社で特別メニュー?が待っていました。階段ダッシュはこなせましたが、腕立て伏せが出来ません。最近使ってないからねぇ。しばらくは苦労しそうです。
ところで、これらの練習後に太鼓の練習が待っているのですが、思うように動きません。下半身の出来がまだまだということでしょう。つまり太鼓の皆さん、これまでの練習でもまだまだ甘かったということですバイ。
1月19日(金):RUN+エアロビクス
真面目に参加していれば、ボチボチ体が馴れてくる頃でしょうか?それともまだ痛みが残っているでしょうか。インストラクターからも『無理はせんでね。でも、サボっちゃ駄目よ。』と激励(ほとんど叱咤)が飛びます。
ところで新人さん達、声を出していますか?私は鯱太鼓で1番大事なことが声を出すことだと思っています。声を合わせないと演技も合いません。その基本がどんなタイミングでも大声を張り上げることで、今一番やっておくべきことですよ。ついでに言えば人に合わせて声を出そうとすると出遅れます。常に自信を持ち、自分でタイミングを計って出すことが肝心です。そうじゃないと声を合わせることなど出来ません。
『練習で泣け。』は前長采の口癖でした。私からは「練習での恥は恥にあらず。」です。先輩達に負けんごと頑張って下さい。
1月18日(木):太鼓
夜は嘘のように寒くなりました。土曜日に結婚式での演奏予定があり今日はその曲の練習でしたが、久しぶりに叩いた腹筋太鼓に苦労させられました。股関節に力が入らず状態を思うようにコントロールできません。結果的に腹筋にも余計な負担がかかりました。思うように叩けないと、気持も乗りません。
ただ、土曜日はそれなりに耳の肥えた人もいるので気合を入れて頑張りましょう。気持を前に出すだけですよ。
1月16日(火):第2回エアロビクス
この日は珍しく雨。暗いし滑ると危ないということで、体育館に集合しました。(今年の采は何故か優しい?後が怖そう。)体育館でランニングと思いきや、何と自己紹介。(にっこり笑って...か?)
それもエアロビが始まってみれば納得です。たっぷり鍛えて欲しいと伝えているそうで、容赦ありません。詳しい人に云わせれば、軽めの負荷を長くかけるようなプログラムとか。柔軟性と持久力向上に期待が持てると話していました。最後に町内会長からも檄を戴き、決意もあらたにしました。
担ぎ手のメンバーはここまでが練習でしたが、太鼓のメンバーはこの後がありました。約1時間、タイヤを相手に練習です。ところがふだん使わない筋肉に疲労があり思うように動かせません。これも馴れるしかありませんから、練習を欠かさないよう努めて下さいね。
1月12日(金):初回エアロビクス
私にとっての練習開始日。ワクワクしている一方で不安もあります。最近ほとんど走っていませんし、昨年末に腰を痛めたのが気がかりです。RUNの方は軽めだったので、余裕を持って走れましたが、エアロビには参りました。最初の5分間が思った以上にきつくて、「こげんきつかったかなぁ?」と首を傾げるほどでした。
それでも体が温まると、苦手なところ以外は大丈夫みたいです。それも明日(太鼓)があるので、無理はしないという言い訳が出来るので気分は楽でした。
皆はと見れば、それぞれ苦労をしているようです。でも始まったばかり、決してムキにならないように。担ぎ始めにコンディションを整えれば良いんですよ。でも今年は庭先をたくさん廻るつもりですから、皆さんしっかりトレーニングをお願いしますね。もちろん、私を含めた庭先担当者にもくんち当日のコンディションは最高でをお願いするつもりです。
1月11日(木)
今日も寒い。13日の仕上げの太鼓練習を行いました。木遣りは80点とか。太鼓の方はどうだったでしょうか?私は寝不足がたたり、腰がちょっとだけ心配です。(用心・用心)今更慌ててもどうしようもないので、体調だけは崩さないようにしましょう。これまで練習してるし、大丈夫ですよ。
1月9日(火):鯱太鼓練習始め
寒さが酷くこたえます。銀屋町が復活したこの日に合わせて、鯱太鼓の練習が始まりました。とにかく参加者が凄い数です。早くも競争が厳しそうですね。この時期は怪我をしない為の体力作りがテーマになります。すでに出来あがっている人に煽られないようじっくり体を作って下さい。私は今日は見学を命ぜられたので大人しく見学させてもらいました。が、12日からは絶対参加しようと決めました。
1月8日(月)
太鼓の練習日。翌日を考え30分早めに終ったものの公民館到着は12時を廻っていました。
早帰りの高校生には特訓が命じられ、きつそうでした。でも成長が見られます。大人のメンバーもウカウカ出来ないでしょう。
1月4日(木):据太鼓練習始め
くんち本番の年ということでほぼ全員が顔を見せています。欠席者は受験生のみ。といってもこれまで何年も練習してきましたから心配はないでしょう。当面の目標である『町名復活記念祝賀会』に向けて練習を行いました。正月の不摂生等もあるようで、体の切れが悪いメンバーもいますね。当日ベストになるよう調整に励んで下さい。