長崎くんち「銀屋町鯱太鼓」TOP鯱太鼓/鯱太鼓の紹介

銀屋町鯱太鼓とは


由 来 鯱太鼓は、古い時代の中国に伝わる「蓬莱鯱(ほうらいこ)伝説」を、据太鼓と山車により表現したものです。昭和60年の長崎くんちに初めて奉納しました。
「蓬莱鯱伝説」とは、古代中国において、東の方向大海中には神仙の住む国があり、そこは不老長寿の世界なり。」という伝承があります。そして「その大海中に棲む神仙の鯱が、海原を裂き天空をめざして昇る時「蓬莱の鯱」となり、さらに蒼天に至ると「黄金の龍」となって人々に吉祥を招く。」という言い伝えです。
長崎大水害 昭和57年7月23日長崎市とその周辺を集中豪雨が襲いました。1時間に115mm(更に3時間で315mm)という猛烈な豪雨は、満潮と重なって河川の氾濫を招き、あるいは土砂災害を引き起こし、299名(死者295名、行方不明4名)の尊い命を奪いました。銀屋町においても、中島川の氾濫により多くの世帯が冠水し、大変な被害を被りました。
その後片付けの中、当時の青年達は被災を免れた傘鉾を見せられ、「銀屋町にはこんなにりっぱな傘鉾がある」ことを知ったそうです。それが22年ぶりのくんち奉納復活に向けての動きの始まりで、3年の準備を経て鯱太鼓の奉納がなされたのです。
鯱太鼓には、長崎大水害のような災害が再び訪れないような願いと、大水害から復興に立ち向かう人々に吉祥が訪れることの願いがこめられています。
大名行列 銀屋町の戦前の出し物(奉納踊り)は、尾張徳川家の鷹狩りを模した大名行列で、「御鷹の通りもの」と称される絢爛豪華なものだったそうです。
新しい奉納踊り「鯱太鼓」を生み出す過程において、大名行列の伝統を取り入れようとしたのは、ごく自然なことだったと思います。
(1)山車の櫓は、頂きに鯱を載せることもあり、天守閣のイメージで作られています。
(2)入りの所作で「すり足」を用いるのは、大名行列を意識したものです。
(3)衣装の脚半も、大名行列の継承(名残)です。
神立(じんだち) 太鼓の導入部分(イントロ)や演技開始(山車を担ぎ上げる時)に、ゆっくり大きな音で始めて次第に早く小さな音に落としていく叩き方をこう呼ぶそうです。何かを始めようとするときの叩き方だと聞いています。鯱太鼓は、「神立」で始まります。
昇龍(しょうりゅう) 平成12年の長崎くんちに奉納した据太鼓のオリジナル曲です。奉納の曲は3分半に編集していますが、お祝い事等で演奏する場合は、5分程の長さです。大太鼓のソロのところは各人がオリジナルを持っています。誰が、どういう風に叩くのかは、一番の聞かせどころです。更に少しずつ進化していますので、いつ聞いても新鮮に感じていただけると思います。


平成12年鯱太鼓参加者(集合写真)
集合写真H12
平成5年鯱太鼓参加者(集合写真)
集合写真H5
昭和60年鯱太鼓参加者(集合写真)
集合写真S60