長崎くんち「銀屋町鯱太鼓」TOP鯱太鼓/記念品

鯱太鼓の記念品

庭先廻り

呈上札 庭先廻りの際、呈上先に挨拶方々手渡します。呈上先の名前、紹介者などが書かれています。この呈上札は、平成12年に使用されたものです。
花御礼 呈上先から、呈上のお礼(「お花」と呼んでいます)が町事務所に届けられると、日を改めて、町の担当者(役員など)がお礼に伺います。その際に、手渡すのがこの「花御礼」です。これも、平成12年に使用されたものです。

平成19年:踊町

Tシャツ 練習用として参加者に支給したTシャツです。町内及び鯱太鼓参加者には追加申し込みを受け付けるようです。

平成19年:銀屋町(旧町名)復活記念

タオル 平成19年1月13日に行われた銀屋町復活記念式典の記念品です。

平成16年:年番町

タオル 銀屋町は平成16年が年番町の当番でした。その際、町内の皆様にご寄付をお願いしています。この「タオルセット」は、年番町の勤めを無事終えた後、ご寄付を戴いた皆様にお渡しした記念品です。

平成12年:踊町

手拭い@ 平成12年に作成した手拭いです。山車の鯱を新調したため、平成5年のものとは感じが違います。実は、「銀将」が4つデザインされている為、鉢巻きとして使った時に「銀将」が真後ろに来ないことが判明し、急遽下のデザインのものを追加しました。ただ、蒔き物や花御礼としてはこのデザインの手拭いが一般に使われました。
手拭いA 上記の理由で、出演者用に1000枚(1人5枚支給)ほどが追加で作られました。この手拭いは、レア物です。
扇子
扇子 花御礼用に扇子が初めて作成されました。ただ、写真の扇子は、銀屋町が作成したのものではなく、個人グループで作ったもののようです。
風呂敷


平成17年05月25日公開、平成19年05月28日更新